グルコサミンのサプリメントで関節痛の予防や改善|早期発見が何より

医者

特徴と発症を防ぐために

診察室

食道は私たちが食べた食物が初めに通る器官です。この食道でがん細胞が増殖してしまうと、食道がんになります。年齢別でみると、40歳以上で発症する確率が高くなり、特に男性の発症する確率が急激に増加してしまっているのが特徴です。男性の食道がんを発症する確率は同年代の女性に比べるとおよそ5倍も高いといわれています。食道がんはごく初期には症状が出ないとどころか半数以上が無症状であることも特徴ですが、食べ物が通るところなので、注意深く観察していると、胸が染みる感じがしたりします。こういった症状が続くようであればすぐに病院で受診しましょう。がんは早期発見が大切な病気ですが、食道がんは特に転移しやすいのも特徴であるため、早期発見の重要性は他のがんよりも高いです。

がんに関してははっきりとした要因がわかっていない部分がまだまだ多く、完全に解明するにはさらなる研究が必要ですが、食道がんに関しては発症リスクを大きく高めるものが判明しているため、それらを避けることで発症する確率を大きく下げることができます。まず、一般的に言われていることですが、たばこは食道がんの発症リスクを高める原因の一つです。煙草を吸う人は吸わない人と比べると2倍以上も発症リスクが高まると考えられています。お酒も必要以上に摂取しすぎると、体内で分解できなかったアルコールによってがん細胞が発生する可能性があります。日本人は特にアルコールを分解する酵素が少ない人が欧米人に比べて多いため、発症リスクを高める要因となっています。